ブログPC政治経済歴史芸能雑学野球蹴球PCゲームスマホゲームProfil

 

タイトル:進化と歴史のページ

サイトマップ

アクセスカウンター
移動日:2018年07月12日
更新日:2022年04月27日
このWEBページは,パソコンで閲覧して下さい。
このWEBページの閲覧は,最新版の Google Chrome を御使用下さい。
◇◇◇ はじめに ◇◇◇


自分達の時代の歴史の時間は,初めに先生が「正しいと考えられている歴史を教えます」と宣言してました。 つまり「本当の事は,分からないけどたぶん,正しいだろうと考えられている内容を教えます」と言っているわけです。 歴史は,常に新しい発見や研究がされていて更新されてます。 古い時代の記録などから推理するしかないわけですがその記録もそれぞれが勝ってなことを書いている場合があります。 時の権力者サイドの人が書いている記録を一応の正史としてますが権力者にとって都合の良いように書かれているようでAとBの記録の内容が異なっていたり,矛盾したりする場合もあります。 何が正しいのかは,学者の間でも議論の最中で様々な説が飛び交っている状態です。 また,演劇や演武の為の物語として創作されたものと正史を混同している場合も多々あります。 このページでは,学のない私が考えた歴史を中心に紹介してます。 あくまでも創造の範疇という事で予め御了承下さい。


◇◇◇ 進化と歴史 ◇◇◇


【キリンの首はなぜ長くなったか?】

キリンの首は,だんだん長くなったと言われています。 短い首のキリンが存在して生存競争に負けて絶滅していったとされてます。 まず,首の短いキリンの群れがいてその中にたまたま首の長い奇形キリンが生まれました。 そのキリンの子孫も遺伝子を受け継いで長くなり,長い首のキリンと短い首のキリンが共存してましたが首の短いキリンは餌がなくなって絶滅し,首の長いキリンだけが生き残ったわけです。 これが繰り返されてかなり長い首のキリンになったわけです。 但し,途中のキリンの化石が発見されてないそうです。

【竜(ドラゴン)とは何か?】

中国から伝わったもので「竜の骨が出る」という話があるそうです。 「昔,竜がいた」というわけですがどうやら恐竜の骨のことらしいです。 つまり「竜=恐竜」というわけです。

【ライバルはネアンデルタール人】

「我々,ホモ・サピエンスよりネアンデルタール人の方が脳が大きかったので頭が良かった。 そして筋骨隆々の理想的なハンターだったにもかかわらず絶滅したことが歴史上の謎である。」
という話を聞きました。

確かに謎ですが学者に言わせるとIQは,脳の大きさによって決まるわけではなく,脳みそのしわの数によって決まるそうです。 そうじゃないと恐竜やクジラの方が頭がいいことになってしまいます。 ネアンデルタール人は,我々ホモ・サピエンスより脳が大きかったのですがしわが少なくてIQは低かった可能性があるわけです。 その証拠にホモ・サピエンスの使用していた道具は,時代と共に進化してます。 また,ネアンデルタール人よりホモ・サピエンスの方がIQの個体差が大きい可能性もあります。 それにいち早く気が付いて集団生活をしていたのかもしれません。 頭の良い人がリーダーになっていろいろ教えたり,広めたりすると文明的な生活を送れるようになります。 また,絶滅の危機を乗り越えられる可能性もあります。 そうして勢力を伸ばしていったのかもしれません。

【人類は何故,マンモスを追ったのか?~4つの疑問~】

人類は,アフリカを出てアジアからマンモスを追って北に向かって北アメリカに渡るわけですがいくつかの疑問があります。

一つ目は「マンモスを食べられるか?」ですが現代で一番近いのが像です。 これを食べるのでしょうか? かなり鋭利な刃物がないと解体は無理でしょう。 当時の道具で可能だったかどうか疑問があります。

二つ目は「マンモスを狩れるか?」ですがマンモスはかなり巨大な怪獣です。 まず,これを狩って食べようと考えるかです。 そして実際に当時の道具で倒せたか?という疑問があります。

三つめは,当時の針が見つかりました。 服を作っていたようですがこの針の作成には,相当の時間がかかります。 狩猟をしないで作成に時間をかけたことになりますがその間の食料はどうしたか?が疑問になってきます。

四つ目は,当のマンモスは氷河時代に何を食べてあの巨体を維持していたか?という疑問があります。

五つ目は,トナカイ(またはその仲間)もいたのに何故,マンモスを狩ったのか?です。

これらの疑問から導き出される答えは「当時の生き物は,食料を食べてなかった」となります。 また,人類は,マンモスを追っていたわけではなくだたの偶然かもしれません。

【ツタンカーメンの墓】

ネフェルティティの墓を守るように置かれた件についてですがツタンカーメンは「足が悪かったので王と認められなかった」ということらしいです。 そのため,自分の墓ではなくネフェルティティの墓に埋葬されたらしいです。

ツタンカーメンは,墓を造ってもらいましたが反対があってそこには,埋葬されませんでした。 可哀想なのでネフェルティティの墓に埋葬したそうです。 また,古い時代に権力争いで負けて野に下った王の弟の家系の宰相がいてそれも可哀想そうだったのでちょうど空いていたツタンカーメンの墓に埋葬したそうです。

更に代々の王の妃は,名前を変えた同一人物だったらしいです。 エジプトの生活に飽きたので東南アジアの発展途上国にいたそうですが商隊に買ってもらって三国志時代の中国に行って孔明に買われたそうです。 その人物は,中国では,黄夫人と名乗ったそうです。

【日本書紀と古事記は物語である】

日本の天皇陛下は,天照大神の子孫なので日本を収める王である根拠になってますがそれらの人物が登場する「日本書紀」と「古事記」は,その時代に語られていた物語らしいです。 従って天皇陛下が日本を収める王である根拠もその出自も出鱈目というわけです。 現在の日本は,全てキチンと代表を決めたりしますが昔になるといい加減なので初代の神武天皇は,単に「村にいたそれなりの人」という可能性もあります。 そしてそれ以前の系譜は,勿論,分かってません。

【前方後円墳】  04.27追加

前方後円墳は「誰かが言い出したもの」でその時代に流行ったらしいです。 四角の古墳と円状の古墳が受け継がれていって「それを足してしまおう」と考えたのかもしれません。 埴輪は,その人が生前に行ったことを再現したものらしいです。

古墳の大きさは,活躍の度合ではなく,クラスによるものと思われます。 活躍しなくてもクラスが上なら大きな古墳にしたのだと思います。 つまり,仁徳天皇陵は「活躍しなかった人の可能性」もあります。

【始皇帝時代の弩について】

始皇帝時代の「弩」は,訓練しないでも精度が高く威力もあったそうです。 「弩」があったので孔明の時代に「兵士を訓練する」という概念がなかったのかもしれません。

【天下三分の計について】

広い地域を支配すると頭のいい人がたくさん見つかり,いろいろと考えてくれた物が広まるので豊かになることが考えらえます。 但し,何処に行っても同じなので面白さに欠けるという欠点があります。 それに対して複数の国がある状態にしておくと遠出した時に違った世界を感じられるので楽しくなります。 というわけで結局,三ヵ国に落ち着いたらしいです。 これを「天下三分の計」と言います。

【邪馬台国はヤマト王権のことである】

魏志倭人伝に「邪馬台国という国があった」と書かれているがこれは「ヤマト王権」のことではないかと考えられます。 魏志倭人伝には,魏の国までの道程が記されていて逆に辿っていくと邪馬台国の位置が判明するはずですがその位置は海上になってしまいます。 これは「なるべく遠くから来たと言っておけば魏の国の王が喜ぶから」という理由で適当に道程が遠かったように言えと命令されていたらしい。

さて腑に落ちないのは幾内の鉄器の出土が少ない件ですが邪馬台国の人々は「鉄器を嫌っていた」ようです。 理由としては,自分達の技術にプライドを持っていたからです。 鉄器は,大陸から伝えられたもので自分達の技術ではなかったので嫌う人が多かったのです。 鉄器の出土が少ない理由は,そこに高度な文明を持ったプライドの高い人々の国があったからです。 鉄器が少ない事が逆にそこに国があったことの証拠になるわけです。

卑弥呼は,推古天皇のことらしいです。 江戸時代の歴史学者が卑弥呼に推古天皇の名前を付けたらしいです。 しかし,卑弥呼は3世紀の人で推古天皇は7世紀の人なので時代が異なります。 この謎には,複数の答えがあるそうです。


魏志倭人伝の頃は,ヤマト王権は富士山付近にあった可能性があります。 その後,畿内に移動したようです。 金印を落とした件については,当時は日本に試験制度がなかったので適当な人が選ばれた。 その人がちょっとそそっかしい人だったという事らしいです。


【孔明の名前は二つある】

孔明には,名前が二つあります。 本名である「諸葛孔明」とフルネームの「諸葛亮孔明」です。 亮という字は愛称で「諸葛の亮さん」といった感じで使われていたらしいです。 有名大学だと「二つある」と教えていましたが三流大学だと「諸葛孔明」の方だけ教えているようです。

自分は,語呂がいいかなと思ってフルネームの「諸葛亮孔明」を使ってました。 それを聞いた三流大学生が「それは違う」と凄い勢いで言ってきて揉めたことがありました。 そもそも三流大学なのに「大学で教えてくれるものが絶対」と考えるのは盲目的で危険です。 大学生が既成概念に囚われていて高卒の人に迷惑をかけたというわけで話になりません。

有名大学なら揉めなかったことを考えると騒いだ相手が単に「恥をかいた」というわけです。 また,自分が高卒ということで強気で言い張ってきたようですが有名大学の人にレクチャーされている場合もあるので一概に馬鹿にできないものです。

【義経の鵯越の逆落し ~ 一の谷の戦い】

義経が鹿が崖を降りていく様をみて「馬でも可能のはずだ」と思って馬で降って平家を急襲する話ですがまず,他の武将だったという説があります。 そこは,義経だったということで話を進めます。

逆落しが有効な手段だったかという話ですが
問題は,義経が運動神経が良かったので降りられたとして配下の武将も同じ様に馬を操れるかということです。 まず,無理です。 そうなると体重500キロの馬と人間が10数メートル(たぶんそのくらいの高さ)から落ちるので相当の音がします。 つまり「油断しているところに急襲」とはならず,バレていて「待ち構えていたところに降りてきた」となります。 更に戦う前に数騎が落ちて使えない状態になっています。 それなら正面から堂々と向かって行ってた方が良かったくらいです。 つまり「下策だったのではないか?」というわけです。

組織のリーダーとしても兵を失う可能性のある戦法をとることはどうなのかと思います。

【歴史はまだ決定されてない】

歴史は,よく新しい発見があると更新されてます。 まだ,決定されてないわけです。 学校で教えている内容も変更される可能性が十分,考えられます。

特に有名なので鎌倉幕府の成立時期です。 これは,1192年ということで私達の頃は,はっきりと教科書に書いてありましたが最近では「諸説あって議論の最中」ということになってます。 あれほどはっきりと教えられた内容も「議論の最中」ということになっているので現在,決定されている内容もいつ議論の最中になるか分かりません。 歴史の全ては,まだ決定されてないのです。

・鎌倉幕府成立時期

  1180年 鎌倉に侍所設置「鎌倉の主」とされる
        南関東と東海道東部の実質支配
  1183年 朝廷から東国支配権の承認を受ける
  1184年 鎌倉に公文所(政所)と問注所を設ける
  1185年 守護・地頭の任命権などを獲得
  1190年 右近衛大将に就任
  1192年 征夷大将軍に就任


よその国の場合は,国民が混乱するので「確定している」と教えているかもしれません。


【義経はいい加減な男だった】

武士の棟梁は,荒っぽい人達を統率するので厳しくてしっかりした人でなくては務まりません。 つまり,源頼朝は,そうゆう人だったことが考えられます。 頼朝は,自分の許可なく貴族から官位を頂くことを禁じてました。 武士団の統率に関わるからだと思われます。 それに対して義経は,許可なく貴族から官位をもらいました。 頼朝と違って義経は,いい加減な人だったと考えられます。

因みに北の方は,蝦夷の国だったので鎌倉幕府の勢力が届かず,逃げ延びた可能性があります。 義経は,逃げた後に東北のある村でひっそりと暮らしていたという説があります。

【一時的に人が居なくなり征夷大将軍は敵と言っている件】

昔,老人に聞いた話なのですが栃木県は,一時的に人が居ない時期があって征夷大将軍は,敵なのだそうです。 そのことから栃木県民は,蝦夷の可能性があります。 更に話を聞くと今泉まで押し上げられてその後,室町時代に征夷大将軍の下のついて南下したそうです。 宇都宮氏の領土までは,北の人らしいです。 また,国名は,その時に「日の本」にした可能性があります。 今泉まで押し上げられた原因は,足利尊氏の東征によるものと思われます。

因みに足利尊氏は,江戸に住んでいたらしいです。 その当時の江戸は,東京から栃木の南くらいまでで南の方は,湿地帯で北に睨みを利かせる必要があったので栃木の南(足利学校付近)に住んでいたらしいです。 将軍様が江戸に住んでいたので昔は,その時代を江戸時代(前期)と言ったそうです。 その後の秀吉が関白になった南朝時代を経て家康の江戸時代(後期)になるわけです。

その後,北からの侵攻に備えるために福島県(会津藩)に城をつくり,それなりに強い大名を配置したものと思われます。

さて「何所から蝦夷が出現したのか?」という謎ですが蝦夷は,大和の国と同じで古代イスラエルからの移民だと思われます。 井澤さん(神官で元の名前はイザヤ)は「南にもいるけど私達は北」と発言してます。 つまり,大陸からの移民は,南廻りと北廻りがいたのだと思われます。 大和の国の人々は,自分達が古代イスラエルの民であることを忘れて同胞である蝦夷を攻めていたというわけです。 「逆らったから」となってますが蝦夷にいきなり「下につけ」って言ったのだと思います。 それを断ったら「逆らった」となって征夷大将軍という職を設けたのだと思います。

頼朝は,蝦夷の出身だった可能性が高いです。 征夷大将軍の職を引き受けた理由は「自分が攻めなければいい」と考えたという説があります。 2年で解任になった理由は「バレたから」らしいです。 また,自分に無断で天皇から位などを貰ってはいけないとしました。 義経が追われた件は,見せしめまたは自作自演の可能性もあります。

いつの間にか「蝦夷は北海道」ということになりましたが良く考えると北海道はアイヌでまた別ですよね。

【モンゴル襲来】

昔,モンゴルから「友好関係を築こう。戦争は誰も望まない。」という書簡が届きましたが一般的には「脅している」と教えていますが本当にそうだったのか疑問があります。 「戦争を望まない」という文は,その時期,モンゴルは強大だったのであっちこっちで「モンゴルが攻めてくる」と噂されていたから書いたのかもしれません。 ちなみにこの書簡が届いたら私だったらまず,返事を書きます。 単に友好関係を築きたいのかもしれないのでまず返事をしてどうゆう友好関係なのか確認してそれが下に付けという事なら考えるという手順でも遅くないと考えます。

【桶狭間の戦い】

桶狭間の戦いは,永禄3年5月19日(1560年6月12日)に尾張国桶狭間で行われた合戦です。 今川義元が2万5千の大軍で率いて3~5千の尾張の織田信長に戦いを挑んだのですが逆に義元は,討ち取られてしまったという有名な合戦です。

義元は,貴族の真似をしたりして腑抜けな武将と言われていますが実際には違います。 義元は,戦国時代に50戦たたかって負けなしという無敵の軍団の統領です。 そうでなかったら戦になった時に2万5千の大軍は集まりません。 では何故,桶狭間で5千足らずの信長に討ち取られてしまったのか?という疑問が湧いてきます。

不幸な事にいくつかの条件が揃ってしまったらしいです。

まず,義元軍は,大勢なので複数の部隊に分けていました。 義元本人の部隊もその中の一つで数千人の部隊だったと考えられます。 今川軍全体では2万5千人いますが義元本人の部隊は,それほどいませんでした。 この部隊は,途中で他の部隊と一緒に城を攻撃してましたが先に攻撃を止めて先に進んでしまいました。 そして兜を脱いで休憩して他の部隊が追いついてくるのを待っていました。 そこに雨が降ってきました。 激しい雨が降るとちょっと離れた場所で味方が襲撃されていても音がかき消されてしまって状況か分かりません。 つまり,義元本隊は,敵陣の真ん中で孤立しているにも関わらず兜を抜いて休憩していたわけです。 そこを信長の部隊が急襲したのです。 義元の軍は,2万5千という大軍なので負けるはずが無いと思っていて士気もあまり高くありませんでした。 それに対して信長の軍は,圧倒的に少なく出陣の時から死にもの狂いで戦う覚悟ができていました。

これらが理由になりますが更に謎が深まります。
何故,百戦錬磨の義元軍がそんな下手を打ってしまったか?という謎です。 実は,義元軍をここまで大きな勢力にしたのは義元ではなく軍師の役割を担っていた雪斎だったのです。 その雪斎は,前の戦で戦死していて今川軍は,ただの烏合の衆だったのです。

【楽市楽座の謎】

信長は,城下で無料で商売をやらせましたが「何故,収入がないのに大勢の兵士を雇えたか?」ですが「楽市楽座」は,特定の城下町だけで他の地域は他の大名と同じだったのだそうです。 それでも商人からの税収は,微々たるもので国の収入のほとんどは,米を売ったお金だったらしいです。 更に戦争になった時は,商人がお金を出してくれたらしいです。 勢力下で御贔屓にしてもらっていて負けると商人達も不利になるので出してくれたそうです。

【武田騎馬隊】

武田の里は,山間部でアップダウンが激しく戦場に着くまでに疲れてしまいます。 そこで馬に乗って移動することが考えらえましたが木の枝が邪魔で上手く移動できませんでした。 なので荷物だけを馬に積んで武将が馬を引いて移動していたようです。 馬に乗って戦ったのは,平野部での戦闘の時だけと考えられます。

【武将は神輿だった】

どうやら武将は,神輿のようなものだったらしいです。 例えば織田信長の場合は,部下や森蘭丸のいう通りにしていたらしいです。 その根拠としては,妹のお市の方の嫁ぎ先を攻めたりしてました。 他の武将で「部下のいう通り」と発言していた人もいました。 アイデアや戦争の指揮なども本人の発言でない可能性もあります。

【旗持ちがやられると乱戦になる】

戦国時代の旗持ちは,数人に1人しかいなかったらしいです。 兵士は,通常,旗持ちのそばで戦っていますが旗持ちが倒されるとどの勢力か分からなくなります。 つまり,後半は,出鱈目に戦っていたと考えられます。 武田軍の「飯部虎昌(おぶとらまさ)」の隊は,勇猛だったので同士討ちになるとシャレにならないので識別できるように鎧を赤く染めていた可能性がある。 赤い鎧は「赤備え」と呼ばれて恐れられていましたが「飯部」の死後「山縣昌景(やまがたまさかげ)」が引き継ぎました。

【失われたアークの箱は神輿になった】

失われたアークとは,ユダヤ人の三種の神器だったようです。 三種の神器は,120X80X80cm位の箱に入れられて下に棒を二本通して運ばれていたらしいです。 日本の神輿は,この形状に担ぎやすいように横棒を二本足したものとほとんど同じです。 ちなみに三種の神器は,日本にもありますよね。

古代イスラエルには,12部族が住んでいましたが3代目のソロモン王が亡くなった後,紀元前931年に北イスラエルと南ユダ国に分かれる。 北イスラエルには,10部族(ベニアミン族は重複)が南ユダ国には3部族が住んでいた。 北イスラエルは,紀元前722年にアッシリア帝国に滅ぼされてしまう。 住んでいた10部族は,離散して歴史から姿を消す。 これが失われた十部族である。

南ユダ王国は,紀元前586年にバビロン王国に滅ぼされてバビロン(現イラク)に連れていかれる。 これがバビロン捕囚です。 その後,バビロン王国が弱体化し2部族が帰還して国を再建する。 残った部族がユダ族だったことから「ユダヤ人」と呼ばれることになる。 その後,紀元70年にユダヤ王国は,ローマ軍によって滅ぼされ世界中に離散してしまう。 先に滅ぼされた失われた10部族の内の1つの部族が長い旅をして日本に辿り着いたという説がある。 滅ぼされた時に西は地中海,南は砂漠,北にはアッシリア帝国があったので進路を東にとったという説である。

当時のイスラエルには,神の声を聞いて民に教えるイザヤと呼ばれる預言者がいた。

預言者イザヤは,

 「東で神をあがめ,海沿いの国々においてイスラエルの神である王の名をあがめよ」と

と預言したとされている。

その預言通りに東に進路をとり日本まで辿り着いたと言われている。 辿り着いた地で自分達の風習を再現したので様々な痕跡があるのだと考えられる。 その一つが神輿ではないか?というわけである。


イスラエルから進路を東にとって中国の南の辺りから北上して中国の西の辺りで北上するグループと東に移動して更に海を渡るグループに分かれたらしいです。 その先には,モンゴルと日本があります。 この二つの民族が遺伝子的に近いことは,その説を裏付けていると言えるでしょう。


【何故,十字軍はいきなり攻撃をしたか?】

十字軍は,平和的交渉をしないでいきなり「奪還せよ!」と攻撃したわけですがその理由はキリスト教にありました。

キリスト教の聖書には,

「マタイ福音」10:14
あなたがたを迎え入れもせず,あなたがたの言葉に耳を傾けようともしない者がいたら,その家や町を出て行くとき,足の埃を払い落としなさい。はっきり言っておく。裁きの日には,この町よりもソドムやゴモラの地の方が軽い罰で済む。
「マルコ福音」16:16
信じて洗礼を受ける者は救われるが,信じない者は滅びの宣告を受ける。
「ヨハネ福音」3:36
御子を信じる者は永遠を持つが,御子に聞き従わない者は,いのちを見ることがなく,神の怒りがその上にとどまる。
「ヨハネ福音」8:24
だから、あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになると,わたしは言ったのである。『わたしはある』ということを信じないならば,あなたたちは自分の罪のうちに死ぬことになる。
「第2テサロニケ」1:7
それは,主イエスが炎の中で力ある天使たちを率いて天から現れる時に実現する。その時,主は神を認めない者たちや,わたしたちの主イエスの福音に聞き従わない者たちに報復し,そして,彼らは主のみ顔とその力の栄光から退けられて,永遠の滅びに至る刑罰を受けるであろう。
「ヨハネの黙示録」
<未来のキリスト>の姿は,人々を,剣で殺して行ったり火と硫黄の中に投げ込んで行ったりする軍神「王の王」です。

とあります。

「自分たちの教えに反逆する者は,最終的に殺されて当然。神の目から見て正しい。」とする考えは新約聖書(キリスト教)の教えそのものです。 十字軍は「大人の異教徒を鍋に入れて煮たうえで子どもたちを串焼きにしてむさぼりくった」そうです。

フランスのある聖職者は,次のように記している。
「聖地エルサレムの大通りや広場には,アラブ人の頭や腕や足が高く積み上げられていた。 まさに血の海だ。 しかし当然の報いだ。 長いあいだ冒涜をほしいままにしていたアラブの人間たちが汚したこの聖地を彼らの血で染めることを許したもう “神の裁き” は正しく賞賛すべきである」 イスラム兵士はもちろんのこと,老若男女を無差別に殺害したのである。 しかも,それは「神の名において」なされたのである。

これは,キリスト教を勘違いしたのではないかと思われます。 「ヨハネの黙示録」以外は,話を聞いてくれない民衆への恨み言ではないかと思われます。 フランスの聖職者は,勘違いをしていたと考えられます。

十字軍ですがイスラム側に先に侵略されて逆襲したわけですがやり過ぎではないかと思われます。 平和的に交渉したらまた違った可能性も考えられますがこれは平和な時代に平和な国に生まれた世代の考え方なのかもしれません。 また,神は「殺せ」と命令はしない。 するのは悪魔ではないか?と思われますがその時代の人は,平和的な思想を学ぶ機会がなく知識も乏しいので平和について判断できない状態にあったと言えるでしょう。 情報もほとんどなく異教徒を悪魔と考えていて疑わなかったようです。

聖書の編纂は,150年から225年頃となってますが頭の良い人が行ったという確証がありません。 「隣人を愛せよ!」と教えているようですがおそらく十字軍の問題があったから取って付けたのではないか?と考えられます。

・十字軍:追記

後の十字軍は,遠征を命令した人の故郷を襲撃したり,命令した人を暗殺したりしたという説があります。 十字軍は,実際にエルサレムに行ったのでイスラム系の王朝がキリスト教徒に対して寛大だった事やイスラム系民族が言われているほど蛮族でない事などの現状を知った。 また,上層部の既成概念により動かされている事や成功した場合に命令を下した人の手柄になる事などを知って反省し,同じ過ちを犯さないように次の世代の十字軍に伝えたのではないか?と思われます。


エルサレムでは,キリスト教とイスラム教は仲良くやってました。 そこへ十字軍がやって来てイスラム教徒を殺戮したのです。 つまり,キリスト教の子供の友達を殺したのです。


【何故?日本の学校制度はスムースに導入されたか?】

日本の学校というと江戸時代の寺子屋がありますがこれが「何故?スムースに導入されたか」ですが有効な本がたくさんあったからのようです。 それを読む為には,寺子屋で文字を勉強しなければならなかったからです。 現代は,テレビやラジオなどがありますが江戸時代には本のみでそれを読む為には勉強するしかなかったわけです。 現代風に書くと「学校に行かないとテレビで放送している情報番組などが分からなかった」というわけです。

【何故?江戸時代は改革を行っていたか?】

江戸時代は,寒い時代で天候不良でよく飢饉になるので改革を実施してました。 天候不良の原因は,太陽活動の衰弱と火山活動の活発化によるものです。 この時期を「小氷期」というそうです。

【第二次世界大戦とは何か?】

第二次世界大戦というのは,太平洋戦争も含めた世界大戦のことです。 日本では,太平洋戦争のことを「大東亜戦争」と呼んでいましたが戦後,アメリカにこの名称が禁止されたので後に「太平洋戦争」という名称が一般的になりました。 また,第二次世界大戦は「満州事変」や「日中戦争」を含む場合もあります。 因みに第二次世界大戦は,新しい用語らしく,その当時の人には,通じない場合もあります。

第二次世界大戦の原因としては「世界的に不景気だったから」と思います。

【異国の言葉は自動的に翻訳される】

異国の言葉は,自動翻訳されます。 この言葉の壁は,昔から問題になっていたので神または天使などの魔法で自動翻訳されるようにしたらしいです。 但し,自動翻訳が発動するには,ちょっとした条件をクリアしてないとならないらしいです。 因みに私の家に来た外国人は,みんな日本語をしゃべっているみたいでした。 「○○語,上手だね!」って言われるのですが私は,日本語をしゃべっているだけでした。

【世界史の有名人】

1.ジャンヌ・ダルク

農民の娘でフランスの英雄(または女傑)。 100年戦争の時にフランス軍を勇気付けて自ずからも出陣して活躍した。 その活躍が元でフランス軍は,活気付いて領土を取り戻せた。 今のフランスがあるのは,ジャンヌ・ダルクの活躍によるものである。

2.ジャン・バルジャン

パンを盗んで酷い刑を受けた人。 この人の話から刑は,罪の重さによって決める事が考えられた。 世界の国の現在の法律の罰則の元になっている。

3.ムッソリーニ

第二次世界大戦の時に日独伊同盟を結びましたがその時のイタリアの主相。

4.スターリン

ロシアの政治家。 ロシア革命(第2次)を押し進めた人。 第二次世界大戦では連合国の指導者の一人。


◇◇◇ リンク集 ◇◇◇


日本史 - Yahoo!知恵袋
世界史 - Yahoo!知恵袋
ナショナルジオグラフィック日本版サイト
ベネディクト地球歴史館

歴史の読み物
十字軍の暗黒史
十字軍
「東欧系ユダヤ人は250~420人が創始者」ゲノム解析で判明

40億年前の地球は生命誕生の「温床」だった
地球生物の75%が死んだ、6500万年前の「巨大隕石の衝突」
地球を襲った5回の「大量絶滅」と人類の未来への警告
なぜ恐竜は絶滅した?答えは素粒子物理学に
6600万年前、恐竜を絶滅させた小惑星の衝突直後に起きたことがわかった
収集家はなぜ恐竜化石をひたすら隠すのか
「失われた大陸」を発見…南ヨーロッパの地下に眠っていた
衛星写真で判明、「79万年前の巨大隕石」が生んだクレーター

定説くつがえす 史上最長26メートルのクジラ化石が見つかる
絶滅したはずの甲殻類発見か オオスナモグリ、静岡と高知で
1億年前の琥珀から、なぜかアンモナイトの化石が見つかる
5200万年前のシイの化石を発見、南半球初、なぜすごい?
5000万年前の「魚の群」の化石が発見
むかわ竜は「新種の恐竜」 背骨などに特徴、学会報告へ
カワセミのように青く光る鳥、化石ではじめて特定、4800万年前
キンギョの祖先は1400万年前に遺伝子が倍になり進化の原動力になった
古代ワニは草食だった、外見はうろこ付きのイヌ? 米大研究
シベリアで巨大な犬の首が発掘される。3万年前のもの
ダチョウの3倍ある巨鳥の化石を発見、北半球最大
大人がこぞってハマる最新恐竜学の「新常識」
マンモス「復活」へ挑戦続く…クローン、遺伝子改変、人工細胞…
日本人学者が解明、恐竜界を50年悩ませ続けた“恐ろしい腕”の謎
恐竜が丸のみした太古のトカゲ、新種と判明
第6回 恐竜が絶滅した「瞬間」の化石が見つかった!
指が異様に長い太古の鳥を発見、新種、前代未聞
鳥に近い新種の恐竜、「飛翔」の起源に一石を投じる
「恐竜化石」発掘に命をかける男のすごい生活
地球には「大絶滅」がもう一回あった
地層は語る! 6600万年前の恐竜絶滅から分かること
6600万年前、恐竜を絶滅させた小惑星の衝突直後に起きたことがわかった
第4回 人類拡散の最終章をつづった謎のラピタ人とは
第2回 人は約3万5000年前から100キロの海を渡っていた

「言語の起源」解明の手掛かり、オナガザルの実験で明らかに
新説「超新星爆発がヒトの直立二足歩行を進化させた」
縄文人ゲノムを高精度解析=「酒に強い」特徴も-国立科博など
デニソワ人の低酸素症防ぐDNAの謎解明か 16万年前にチベット高地に適応 研究
古代エジプト人、ファラオ時代の1500年前から遺体をミイラ化
世界遺産 古代国家形成の象徴 巨大権力を国内外に誇示
「ただただ感無量」百舌鳥・古市古墳群が世界遺産へ 地元に喜びの声
新石器時代に人工島、定説覆す発見、巨石文明誇った英スコットランド
ナスカ地上絵、鳥3点特定=生息しないペリカンも-謎解明に期待・北大など
サルにも「石器時代」、3000年継続中で石器も変化
縄文の終わりに人口激減か 現代日本人の染色体から解析
日本の神話(1):大和王権が語る“歴史の起源”
ネアンデルタール人、ヨーロッパ集団が繁栄していた
アゴの頑丈な「120万年前の人類」たちは何を食べていたのか
丸木舟、与那国島到着=台湾から黒潮越え-「3万年前」航海再現・国立科博
アフリカ外で最古のヒト化石発見 人類移動の歴史塗り替え
日本人は「どうやって」「どこから」来たのか?ホモ・サピエンスの壮大な旅を探る
アフリカ以外で最古…現生人類の化石、ギリシャで発見
男性すべて置き換わるほどの大量流入 4500年前のスペインで何が?
猫はなぜ人間と暮らすのか? 日本と中国、どっちから来た?
マンモスは本当に復活するのか?「マンモス復活プロジェクト」が問いかける人類の未来
<解説>欧州で21万年前のホモ・サピエンスを発見、アフリカ以外で最古
東アジア最古の彫刻か、10万年以上前、作者は謎
380万年前の猿人の頭蓋骨、ほぼ完全な形で見つかる 顔を復元
人類の文化的躍進のきっかけは、7万年前に起きた「脳の突然変異」だった
人類は複数の集団から進化し、初期から多様性を内包していた:研究結果
縄文人の起源 国内最古級の埋葬人骨出土の居家以岩陰遺跡 発掘作業に専門家熱視線
ネアンデルタール人の足跡257個発見、社会構造解明の手掛かりに 仏
古代ギリシャで愛され、今は廃れてしまったものとは?
「中国の考古学にとって大きな意義」、内モンゴルで新石器時代の遺跡を発見
【解説】世界最古の洞窟壁画、なぜ衝撃的なのか?
推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた
世界遺産に人が住む!? トルコ、カッパドキアに紀元前から存在する「洞窟住居」
ストーンヘンジの謎の一部を解明…巨石は25キロ離れた森林から一度に運ばれた
「アダムとイブ」が犯した罪を知っていますか? 聖書はざっっくり読むと、面白い!
かつて教科書から消えた縄文時代。その理由とは?

日本書紀と古事記…2種類の歴史書が“同時に”生まれた理由
平将門はなぜ日本史の中で「特異な存在」に見えるのか
「江戸時代は鎖国」という教科書の間違い
天草・島原のキリシタン一揆はなぜ原古城に籠もったのか?
「弥助」ってどんな人? 織田信長に仕えた黒人武士の生涯を歴史資料で追った
始皇帝はなぜ、中国統一を果たせたのか
古代エジプト人はなぜ「ネコ」を崇拝したのか
諸葛孔明とその一族~孔明と兄・諸葛瑾は異母兄弟だった?【中国歴史夜話 】
始皇帝の偉業とは? なぜ、秦はたった15年で滅んだのか?
武田勝頼は愚将だったのか? 歴史小説家・伊東潤がみた「武田家滅亡」
中国史上唯一の女帝にして暴君 則天武后の「残忍政治とその原点」
イラクの古代遺跡バビロンが世界遺産に、ユネスコ
キリシタン大名の数奇な人生|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【高山右近編】
光秀の死を決定づけた「本能寺の変」後のムダな時間
江戸の花火は婚活だった? 意外と知らない花火の歴史
迫害受け続けたユダヤ人、その紐帯が世界を変えた
「赤壁の戦い」の虚と実~どこまでが本当なのか?【中国歴史夜話】
豊臣秀吉から学ぶ「部下をやる気にさせる」効率的な方法とは
巨大古墳はなぜ造られたか。火山灰の下から現れた「古墳」社会の姿
“知の爆発”ソクラテス、プラトン、アリストテレスが私たちに教えてくれる「真の教養」とは?
800人分の人骨眠る「骨の湖」がインドに、DNA分析で驚きの事実が判明
人類の北米到達、定説覆す新証拠を発見 アイダホ州の遺跡
曹操墓出土の鏡、大分の鏡と「酷似」 中国の研究者発表
ヤマトタケル妻は名古屋に? 断夫山古墳を発掘調査へ
戦国家臣団に見る「乱世で生き残る」ための3つのポイント
信長も才能を認めた嫡男・織田信忠…正統後継者の惜しまれる「結末」
古代ローマの古文書に、科学の「光」 炭化した巻物をスキャン
インカ帝国の遺跡「マチュピチュ」の謎がついに解明
信長見聞録 天下人の実像 ~第十章 三好三人衆~
全ヨーロッパが震えたオスマン帝国の脅威
明智光秀は「左遷」を意識した?~ライバル・秀吉への援軍指令と出雲・石見への国替え
ファラオも飲んでた? 古代ビールを当時の酵母で再現 「味は最高」 研究
ツタンカーメンの馬車は傘付き 世界最古、折りたたみ式
マヤ文明で最大の建造物見つかる 「文明観を覆す発見」
平安京の西寺跡に五重塔か 12カ所の地盤改良
『忠臣蔵』に見る日本文化の「怨念の力学」
「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実
たった4万石の大野藩は、どのように莫大な借金を返済しながら黒字にしたのか?
東国の新興勢力に繁栄をもたらしてくれた「ヤマト」建国
3200年モノのチーズ、危険な細菌まみれだった
バイキング、その恐るべき戦法と強さの秘密
なぜ秀吉は、京に大仏殿を建てたのか?
解説:新たに見つかったマヤ史上最大の遺跡、浮かび上がる謎
【戦国武将に学ぶ】毛利元就~「はかりごと多きは勝ち」を実践し続けた知将~
なぜ、アメリカの中高生は「ジョン万次郎」に憧れているのか
武田信玄と上杉謙信,戦国のライバルはお互いをどう見ていたのか
明治政府が評価した戦国武将はだれ?「特旨贈位」から考察してみた
意外にアバウトだった戦国合戦~現場は敵味方の兵力も把握できずに戦っていた?
2000年前の古代遺跡公開、大理石の柱や劇場も イスラエル
天照大神は、本当は「男神」だった?…天皇家の最高神をすり替えた『日本書記』
邪馬台国の場所に新説!? 古代史の真相に肉薄した一人の天才科学者

天才ダ・ヴィンチはADHDだった!?
「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である」ってエジソンの名言。「努力とひらめき」どっちが大事ってこと?
ロボットは江戸時代生まれ!? 現代人も驚く江戸の科学者
旧軍戦闘機「紫電改」の「改」のワケ 飛行艇メーカー起死回生の陸上機、その一部始終
深海底で崩壊進むタイタニック号 「静かに眠りについた」は誤解
ドイツ人が「ナチと心中」を選んだ不都合な真実
「世界遺産の都市で人肉食が横行」独ソ戦の悲劇
魔よけに保存か 民家にニホンオオカミの頭骨
日本の歴史に何があった? 遺伝子が刻む高身長回避の跡
零戦「無敵神話」が崩壊した日、歴戦の搭乗員が前線で見たもの
どうしたら豊かな歴史学を再構築できるのだろう。歴史に活気を取り戻せるのだろう


◇◇◇ あとがき ◇◇◇

・あとがき

忍者ホームページに移動しましたが登録初日は,ホームページの作成ができませんでした。
このサーバーは,1日1ツールという制限があって初日は登録のみになります。
あとFCやジオは,アップロード機能付きですが忍者はFTPソフトが必要になります。
FTPソフトは,FFFTPがお勧めです。
サーバ側の文字コードは「UTF-8」なのでそれを設定するだけで簡単にアップロードできます。

前回の更新の時に記事を追加したのですが確認できませんでした。
後で確認したら中途半端に表示されていて読めませんでした。
今回の更新で修正したので今度は,全文読めると思います。
更新の日付は,7月12日にさせて貰います m(_ _)m

◇◇◇ 最後に ◇◇◇

BBS:御意見や御感想など書いてくれると嬉しいです。
Eメール:kmacmax@yahoo.co.jp

Copyright 2018 kmacmax All Rights Reserved.